2017年6月22日木曜日

キャリアガイダンスに行ってきました

先週末は、高校生を対象にしたキャリアガイダンスに行ってきました。

将来イラストやデザインを仕事にしたいと思っている学生が多くて
びっくりしたと同時に、ちょっと嬉しかったです。

講座では、自身がクリエイターになるまでの道のりや経験、
またクリエイターとアーティストの違いについてなどをお話しさせていただきました。

私の経歴はずいぶん変わっているので、ピンとくるのかどうか?
ずいぶん悩んだんですが、私同様、
いろいろな事情があって希望する進路に進めない生徒さんもいると思ったので 人生の一例として、赤裸々に話してきました。

 理容師 ⇨ 美容師 ⇨ イラストレーター&デザイナー という
一見何のつながりもなさそうな異業種からクリエイティブ業界への転身も、
今になって思えば、理美容時代の経験が プロダクトデザインの分野で大きな強みになっていたりします。

ジョブズの有名なスピーチにもありますが、
一見何のつながりもなさそうな 点と点が、後になって「点と点が不思議な縁でつながる」ということを 私自身、自分の実体験を通じて、実感しています。

ーーーーーーーー
将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。運命、カルマ…、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。

 「ハングリーであれ。愚か者であれ」
ジョブズ氏スピーチ全訳 米スタンフォード大卒業式(2005年6月)にて(日本経済新聞より抜粋) 
ーーーーーーーー

私のキャリアガイダンスも、
例えば、様々な事情で希望の進路に進めなかったとしても
「人生には思いがけない出来事が沢山待っている」という一例になればと思います。

みんな、がんばれ〜!
私もまだまだ頑張らなくちゃ!ですよ!

2017年6月2日金曜日

水彩(女性)たまには着物を

細かいところを描ききれなかった。
全身を描くには、もう少し大きな紙で描くべきですね...^^;(18×26)

水彩(女性)

ちょっと描きすぎました。

紙:アルシュ
絵具:W&N


水彩(女性) 深夜の落書き

深夜の落書き

紙:アルシュ細目
絵具:ウィンザーニュートン