2013年10月24日木曜日

東京〜東北に行ってきたあれこれ。(気仙沼でのワークショップ)

雨の合間を縫って、東京・東北に行ってきました。

台風は16日の朝、東京を直撃と言うことで、
16日の打ち合わせを2件キャンセルし、出発時間をずらして東京入りしました。
被害に遭われた伊豆大島の皆様、心よりお見舞い申し上げます)

16日の夜は、JILLAの三役会があり
理事長、副理事長、事務局長が集合して、翌日の役員会に備えて会議をしました。
中日本から駆けつけた役員の1人は、電車の遅れで3時間足止めをくらったようでした。

17日は、JILLAの理事会で終日会議をし、
夜は久しぶりに再会する業界の先輩と銀座で待ち合わせて、おでんと日本酒で乾杯。


18日の朝、東京駅で待ち合わせレンタカーで福島県の郡山に向かいました。
台風一過で、青空の広がる清々しいお天気でした。

途中、ずんだ茶寮cafeのある羽生サービスエリアでトイレ休憩。
ずんだパフェを堪能。

ブログを書くので検索したら、何やら美味しそうな「どんぶり屋さん」があるのを発見。
今度はここで「コレも食べたいよ〜!

で、なぜ郡山に行ったかと言うと、文化庁の『芸術文化による復興コンソーシアム』の会合があったからです。
私たちJMAAも「持続的な支援を」と考えてはいるものの、震災から2年半が経過し、被災地の環境も、ニーズも変化して行く中で、私たちクリエイターに出来る支援も、震災直後の心のケアから、前に進むためのお手伝いへと徐々に形を変えて行くべきだと感じていたので、情報やヒントを得たいと思っていたのです。

参加してどうだったか?と言う感想はここではあえて詳しくは書きませんが、大人の話が多かったです。大きな話題が創りたいんだろうな、そんな印象でした。
世界から注目を浴びることも大切かもしれないけれど、被災地で暮らす人たちの顔が、東北の未来を担う子供たちの顔が、私にはまったく見えてこなかったです。

芸術文化による復興支援とは何か。
私はもう一度、いや、二度、三度、何度でも、自分に問いかけようと思う。
少なくとも、ピカソのような芸術家を1人生むことではないはずだから。
大きなニュースは、国や力のある偉い方にお任せして、
私たちは「ニュースにならない小さな事、だけどきっと大切な事」を
淡々と続けて行きたいと思いました。

文化庁の会合の途中で、今月13日に94歳でお亡くなりになった「やなせたかし先生」のインタビューを、何度も思い出していた。

 これまで世界中に沢山のヒーロがいたが、みんな悪いヤツを倒す。正義が勝つ。
 では、正義とは何か?
 本当の正義は、ひもじい人や、弱い人を助ける方が先じゃないか。
 それがヒーローとして正しいのではないか。

 アンパンマンは、自分の顔をちぎって渡すヒーローだということ。
 つまり、自分はまったく傷つかないままで、正義を行うことは非常に難しい。


やなせ先生の、この2つの考えが
世界最弱のヒーロー「アンパンマン」を生んだのです。

やなせ先生のインタビューが再掲載されているのでリンクを貼っておきます。
特に心うたれたページを直リンク→(5/8ページ)と、(6/8ページ


私たちは、何となく飲み込めない思いを抱えながら郡山を後にし、車の中も、夕食をとりながらも「復興とはなにか?」について、熱く語り合った。
震災から2年経った今、再びメンバーが向き合い、熱く語り合い、確かめ合う機会を貰えたと言う意味では、良かったと思う。


夜21:30、車は岩手県の一関に到着。

ホテルにチェックインし、荷物を置いて、夕食は、皆で地元チェーンの居酒屋に行った。

そこでも皆「復興とはなにか?」「芸術に何が出来るか」について語り続けた。


翌朝は、1年半ぶりに気仙沼の幼児たちと再会してのワークショップなので
深酒しないうちに解散して眠りについた。


そして、19日の朝。
清々しいお天気のもと「キッズルームおひさま」に向かいました。

2011年の11月に訪問させて頂き、今回で2回目の訪問です。
当時は被災して仮設の園でしたが、立派な園舎が出来ていて感動しました。

民間の方々から寄贈された滑り台や遊具にも感動しました。

園児も60名に増えたそうです。

今か今かと、並んでいる子供たち。

可愛いですね。



こちら、準備をするスタッフ。

小さなアーティストたちが、思い思いの色で、世界にたった1つのTシャツを描きます。

   

震災当時は、黒く塗りつぶしたり、恥じっこに小さくしか描けなかった子供もいましたが
今回は、全員がTシャツいっぱいに、のびのびと絵を描いてくれました。



ほら、ステキな作品が出来たでしょ?

※)当日の様子は、キッズルームおひさまのブログでも紹介されています。


楽しい時間はあっという間でした。

今回、7月に開催したJMAAのチャリティ展の会場でも、キッズROOMおひさまの園児の皆さんの作品を展示させて頂き、再び気仙沼で園児の皆さんと再会することが出来たのも、おひさまの先生方と、間で動いてくださった大井様のおかげです。
心から感謝します。
ありがとうございました!

遠征中の写真もっと見たい方はこちら


って、久しぶりに長いブログですねw
長々とお読みくださり、ありがとうございました。

















2013年10月14日月曜日

日本の美を伝える和風年賀状素材集 「和の趣」 午年版(技術評論社編集部)が発売になりました。

日本の美を伝える和風年賀状素材集 「和の趣」 午年版が発売になりました。

こちらは、毎年担当している訳ではないですが
結構な頻度で筆文字を提供させて頂いています。

「和の趣」は、味のある素敵な作品が多いので
書店で是非ご覧になってください〜。

WEBからも購入出来ます^^

 

今年は十数社に年賀素材を提供させて頂いていますが
書籍という形で販売されていないものもあり
すべての作品をご紹介することは難しいかもしれませんが
また、後日
ダイジェスト版でご紹介出来れば良いな〜と、思っています。


2013年10月8日火曜日

かんたん年賀状素材集 2014年版(技術評論社編集部 )が発売になりました。

「かんたん年賀状素材集」の2014年 午年版(技術評論社編集部 )が発売になりました。
この書籍には、創刊号から作品を提供させて頂いており、
昨年の巳年で干支を一周したので、今年で14年目ということになります。

担当させて頂いた年賀状は、
作品紹介ページの1ページめ(82ページ)に掲載されています。

年賀状素材をお探しの方は是非、ご購入くださ〜い♪

2013年10月1日火曜日

【作品募集】富士フイルム・JMAA 共催 2014年(午年)年賀状デザインオーディション



  フジフイルムが運営する年賀状デザインのダウンロード販売サイト「ふくふく年賀」より、年賀状デザイン募集のお知らせです。

「ふくふく年賀」は、100名の人気作家が描く、個性豊かでお洒落な年賀状デザインがダウンロードで気軽に購入できるサイトとして、ご好評を頂いている年賀状サービスです。

 フジフイルムとJMAA(一般社団法人日本メディアアート協会)では、「ふくふく年賀2014」で販売する年賀状デザインを、一般公募より募集いたします。

 応募テーマは、「ふく(福)を届ける年賀状デザイン」です。
 今年は富士山が世界文化遺産に登録されました。富士山は、浮世絵などに代表される普遍的意義を持つ芸術作品と関連もあり、海外からも日本の文化的な象徴としても改めて注目を浴びています。
また、今月2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定しました。

 新しい年も年賀状でふく(福)を届けられるよう願って、素敵な年賀状デザインを募集いたします。 見事採用された優秀デザインは、「ふくふく年賀2014」で販売され、売上の一部は、JMAAより、東日本大震災の支援金として寄付されます。 皆さまのご応募、心よりお待ちしております。

オーディション結果発表!

募集要項


応募テーマ: ふく(福)を届ける「2014年度 午(うま)年の年賀状デザイン」
 ※送った人も、もらった人も元気や希望を持てるデザイン。
① 干支をモチーフにしたデザイン
② 富士山 (干支との組み合わせも可)
③ ニッポンの心・伝統・クールジャパン

募集期間:10月5日まで
入選作品数:30~100デザイン※入選数は、応募状況によって変動する場合があります。 入選特典:
  1. 優秀者(2名): 現金5,000円
  2. 入選者(全員): フジフイルムが運営する通販サイト『DESIGN GARDEN』で使えるショッピングクーポン5,000円分をプレゼントいたします。※お一人で複数デザイン入選された場合も、5,000円となります。
  3. ふくふく年賀状サイト上でデザインを販売いたします。デザインされた商品の売上があった際は下記の販売ロイヤリティをお支払いします。

採用発表:10月下旬 販売時期: 2013年11月上旬から2014年1月31日
販売価格:1,050円(税込) ※キャンペーン等で、変更する場合があります。
販売ロイヤリティ:210円 / 1ダウンロード
※実際のお支払い金額は、源泉徴収額と振込み手数料を差し引いた金額となります。 ※著作物許諾契約及びロイヤリティのお支払いは、(社)日本メディアアート協会を通じて行います。 ※振込み手数料は、受取人様のご負担となります。

販売場所:Webサイト ふくふく年賀2014
審査員:富士フイルムイメージングシステムズ(株)、(社)日本メディアアート協会
応募点数:お1人につき5作品まで
参 加 料:無料
主  催 :富士フイルムイメージングシステムズ(株)、(社)日本メディアアート協会

応募資格

フジフイルムが運営する通販サイト『DESIGN GARDEN』にクリエイター会員登録していただける方。 ※会員登録は、無料です。既にクリエイター会員登録済みの方は、登録不要です。 DESIGN GARDEN クリエイター会員に登録する

応募方法

■デザインデータについて
タテのデザイン ヨコ1379×タテ2041ピクセル(解像度は72dpi/トンボ不要)ヨコのデザイン ヨコ2041×タテ1379ピクセル(解像度は72dpi/トンボ不要) ※デザインには必ず「賀詞」および「年号」を入れてください。
 
応募フォームはこちら
  ※応募フォームの下部にある「応募のきっかけ」は、○JMAA にチェックを入れてください。

『ふくふく年賀2014 年賀状デザインオーディション』 応募規約

【応募作品について】
応募作品は未発表のものに限ります。同一または類似作品が規模の大小に拘らず、他のコンテストなどに応募された作品はもちろん、応募中または応募予定の作 品も応募できません。ただし、応募者本人の製作による市販目的のない出版物や本人のホームページに掲載した作品、審査のない写真展に出品した 作品は応募できます。
【応募作品のガイドラインについて】
以下のいずれかに該当する作品は、お受けできませんので、予めご了承ください。
  1. 第三者の著作物またはサービスマーク(商標)を使用したり、真似たりしている、また、そのように判断されるおそれのあるもの
  2. 第三者の肖像を使用したり、著名人の氏名・肖像・特徴などを使用したり真似たりしている、また、そのように判断されるおそれのあるもの
  3. 第三者の名誉や、信用や、プライバシーを侵害するおそれのあるもの
  4. 猥褻的(児童ポルノを含みます)または暴力的な画像で、また、そう判断されるおそれのあるもの
  5. 犯罪的行為に結び付くもの
  6. 法令・条例に反するおそれのあるもの
  7. 上記各号のほか、当社が不適切であると判断した場合
【審査について】
富士フイルムイメージングシステムズ(株)と(社)日本メディアアート協会で、厳正なる審査の上決定します。 応募規定に違反した場合、 または入選決定後でも類似や二重応募と主催者が判断した場合は、入選を取り消すことがあります。
【入選連絡について】
ふくふく年賀2014に入選された方は、富士フイルムイメージングシステムズより、当選のご案内をメールにてお知らせいたします。
【商品化の許諾契約について】
ふくふく年賀での商品化にあたり、著作物の許諾契約については、(社)日本メディアアート協会と別途契約して頂く必要がありますので、予めご了承ください。
【個人情報について】
ご応募の際にいただく個人情報は、本オーディションを運営するために必要な範囲で使用させていただきます。
 主  催 :富士フイルムイメージングシステムズ(株)、(社)日本メディアアート協会

【お問合せ先】
(社)日本メディアアート協会 JMAA 担当者:貝本・竹本 
メールアドレス: contest@jmaa.info (JMAA事務局)