2011年11月29日火曜日

Tシャツアート展2011東北巡回展:2日目と最終日

2日目(19日)の午前中は、
前回のブログでご紹介した「キッズROOMおひさま」でのワークショップでした。

ワークショップ中の会場では、三陸新報の取材があり、
お留守番のスタッフ2名が対応してくれました。

翌日の掲載記事がこれです。


午後からは、7月25日のワークショップで訪問させて頂いた
気仙沼のネットワークオレンジさんが来てくださいました。
19日は小雨模様で足下の悪い中、会場まで足を運んでくださって
とても嬉しかったです。



久しぶりの再会、とても嬉しかったです。


そして今回も、Tシャツにお絵描きをして頂きました♪

震災直後、のびのびと絵を描くことが出来なくなっていたそうですが
最近は絵を描く機会も多くなったのか、のびのびと大胆な絵を描いてくれました。

あいにくの雨模様で、持って来た電球だけでは室内が暗いため
ランタンや、懐中電灯で手元を照らしていると
「ランタンを見ると、震災直後を思い出すわねぇ」と、涙ぐまれる場面もありました。


会場を貸してくださっているアーバン様には
電気をお貸し頂いたり、絨毯、暖房器具などもお貸し頂くなど
大変良くして頂いたため、小雨でも震えることなく一日を終えることができました。

また、宿の方も
今は営業をされておらず、主にボランティアに解放してくださっている
「ホテル望洋」さんを利用させて頂きました。

素泊まりなので、食事はまた18日と同じ
おさかな市場の横の食事所で、今度は海鮮丼を頂きました。
いくらがおいしかったです。






20日は、暖かく17℃(大阪とほぼ同じ気温)で
天候にも恵まれたおかげで、3日とも、手が凍えると言うこともなく
用意していた手袋やカイロを使わないまま、最終日を迎えることができました。

この日は、朝から三陸新聞を見てくださったお客様が来てくださったので
スタッフは慌ててコンビニに新聞を買いに走りました。

7月のワークショップに参加してくださった親子さんが来てくださったので
夏に描いた作品と一緒に、記念撮影。



そして、今回も新たに作品を描いてくれました。


また、
津波でお家を流されてしまったという小学生の男の子が
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に遊びに来てくれました。



ワークショップの良いところは
絵を描きながら、あれこれお話が出来ることです。

私は、付き添いで来てくださったおばあさんと、ずーっとお話しをしていました。
お孫さんのお家が流されてしまったこと、
震災直後の生活のこと、
半壊したおばあちゃんのご自宅のこと、
受け取った義援金のお話など、
時々目に涙を浮かべては、当時を振り返って話してくださいました。

「みんなどこから来たの?」と、聞かれたので

「大阪、神奈川、埼玉、東京、山形、仙台、みんな住んでいる所が違うんですよ」と、
笑いながら答えると、おばあさんは「ありがとう」と深々と頭を下げてくださいました。

被災された地域のどこに伺っても、「なにかお返しを」と思ってくださる方が多いのですが
どうか気にしないでください。
皆さんの笑顔に会えることが、私たちのエネルギーでありご馳走ですから。



この日は、ラジオの取材がありました。
代表の竹本が、JMAAの震災支援プロジェクトについてお話させて頂きました。
その後、繋がろうプロジェクトと言うことで
スタッフ全員が一言ずつメッセージを収録。


災害FMラジオのスタッフの方

このTシャツは、8月の青山で通行人の皆さんと描いたTシャツです。
ご来場の方に差し上げているものですが、うち10枚を
災害FMのリスナープレゼントとさせて頂きました。

最終日は、スタッフも多かったので
ユーストリームで会場の様子を中継もしました。
テストでやったものが保存されていて、本番のが半分切れちゃっているのですが
何となく雰囲気は味わって頂けるのではないでしょうか。

スクリーンショット(2011-11-24 23.06.48).pngフェイスブックアルバムスクリーンショット(2011-11-24 23.02.48).pngユーストリーム|



目の前にある大川では、鮭が戻って来ていました。
大きな鮭が、何匹も、何匹も、川を上って行きます。



気仙沼は、これから「いくら」が美味しい季節です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日は、午後方片付けをして
17時には撤収完了、設営資材は宅配便で大阪に送り返します。

バタバタするといつも忘れてしまうので、早めに記念撮影。



今回、東北遠征をしてくれたスタッフは
内山さん、尾崎さん、イナさん、かちのちのらさん、千夜さん、
LOCKさん、誠さん、TETSUさん、竹本の、9名と


久米繊維工業の竹内さん(真ん中)でした。

そして、写真はありませんが
東北へのエール横断幕アートや、モザイクアートのプリントなどで
ご協力くださったのは、地球パートナーシッププラザGEOCさん。





今回のワークショップ~一斉展示に至るまで
本当に沢山の方に、ご協力とご支援を頂きました。ありがとうございました。
また、本プロジェクトに助成してくださった日本財団に、心より感謝いたします。

3日間の写真付きレポートはこちらです。

2011年11月22日火曜日

Tシャツアート展 東北巡回展(気仙沼)/1日目

Tシャツアート展 東北巡回展(気仙沼)の開催については、電気の無い会場ということもあり、設営のためのスタッフミーティングは、インターネット上のミーティングルームを使って、いつも以上に念入りに行われました。

とはいえ、実際に見たことの無い会場ですからどうなるかは、現地会場に入るまでわかりません。遠征するスタッフたちは、ドキドキ、ハラハラ、ワクワクしながら、大きな荷物を持って東京駅八重洲南口に集合しました。

八重洲でレンタカーを借り、留守番組の代表として見送りに来てくれたkさんに見送られ、気仙沼まで502キロのドライブに出発。車中はいつも通り、笑い声の絶えない7時間でした。

岩手県一関インターについたのは、深夜2時頃。
少しでも体力を残しておくために、一関のとあるネットカフェにチェックイン。
翌朝6時15分には一関を出発し、車内で朝食をほおばりながら、気仙沼まで1時間半のドライブです。



会場に到着後は、
配送センター止めにしていた設営備品とTシャツを受け取って、すぐに設営を開始。

おなじみの青と白の風船が膨らんで行きます。



男性スタッフにより、どんどんTシャツが吊るされて行きます。



女子は低い所を担当します。







机やテーブルをお借りすることができたのと、事前のシミュレーションのおかげで、設営は思っていたよりスムーズに進み、スタッフ7名でしたが、午後にはなんとか形にすることができました。


東北の皆さんと描いたTシャツを展示していると
それぞれの会場でのエピソードが思い出されます。



会場の社長さんが、10畳のじゅうたんを2枚貸してくださいましたので
床にも、良い感じでワークショップスペースを確保することが出来ました。

約500枚のTシャツが展示されるのは圧巻ですね。



全国の皆さんに送って頂いたメッセージも
「葛飾北斎 奥州塩釜松島の図」のステキなモザイクアートになりました。



山形から、千夜さんも合流。



がんばろう気仙沼の写真取材も受けました。



初日はスタッフの睡眠不足も考慮して
早めに食事をして、宿にチェックイン。

まぐろと戻りカツオ丼


宿も、今は営業を休止しておられて
ボランティアのために解放してくださっている所をお貸し頂きました。

2日目の様子は、また次の記事でご報告します。

関連URL
東北巡回展の写真
twilog
JMAAホームページ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催にあたり、会場や宿などの手配をしてくださった
大井さん、矢部さん、斉藤さん、ありがとうございました。

また、ワークショップのTシャツをご協賛くださった久米繊維工業さん、
会場まで駆けつけてくださった久米繊維@竹内さん、ありがとうございました。

留守番しながら巡回展の成功を祈ってくださったJMAAのみなさん
現地に同行してくださったJMAAスタッフのみなさん
本当にお疲れさまでした。

多くの皆さん暖かい想いとご好意があったからこそ、
東北での巡回展展示を実現することができたのだと思います。
本当にありがとうございました。
そして引き続きよろしくお願いします!

2011年11月16日水曜日

いよいよ、Tシャツアート展東北巡回展 11/18~20 で開催!

風邪を引いていました。
長くて辛かったです。
咳はまだ少し出ますが、一時のことを思えばもう治ったも同然です。

さて、
JMAAのサイトで既に発表していますが
いよいよ、Tシャツアート展東北巡回展が開催となります。


2011年度の集大成ともいえるTシャツアート展東北巡回展では
被災地の皆さんと一緒に描いた手描きTシャツ400枚と
合わせて500枚以上を展示します。

7月から10月まで東北7カ所を回って実施してきたワークショップですが
JMAAのコアメンバーとして頑張ってくれている皆さん、
初めて参加してくださった皆さん、
それぞれが大変な努力でスケジュールを調整して参加しました。

巡回展については
地の利も、知人も少ない東北での会場探しはなかなか進まず
予定より遅くなってしまいましたが
様々な方にお力添えを頂いて、会場をお借りすることができました。

会場は津波で被災した建物で
一般にはお貸ししていない所を特別にお借りして開催いたします。
今はまだ電気も復旧していないため、発電機をお借りして展示を行います。

ワークショップに参加してくださった東北の皆様
モザイクアートにメッセージを寄せてくださった皆さん
お力をおかしくださった皆様
JMAAスタッフの皆さん
様々な立場の、様々な想いがつまった、温かい展示です。

11月の東北は寒いかもしれませんが
スタッフ一同、力と知恵を合わせて良い展示にしたいと頑張っていますので
お近くの方は是非、会場に遊びにいらしてください。

現地の様子はまたツイッターや、ブログ等でご報告いたします。