2017年5月7日日曜日

MacのApp Storeにログインできなくなった件と、その解決方法。

Appleの認証を2ファクターにしてから、パソコン上のApp Storeにだけログインできないという現象が続いていました。

App Storeの認証ウィンドウで何度かエラーを起こした後でも、特にアカウントがロックされるわけでもなく、Appleのサイトにも、iCloudにも、iPhoneのApp Storeにも普通にログインできるのです。
念のため、慣れ親しんだAppleIDのパスワードをリセットして様子を見たけど具合は変わらず。
面倒臭いのでしばらくそのままにしていたけど、このままじゃ、OSのアップデートもpagesのアップデートも出来やしない。

不便なのであれこれネットで調べたけど、他にも似たような人がいて、キーチェーンの証明書やらも調べたけど、特に修正箇所は見当たらなかった。

アカウントがロックされるわけでもないので、だんだん「App Storeのアプリ自体に問題があるんじゃないか?」と思えてきたので、思い切ってAppleに問い合わせることにした。
私のMacのOSは、10.10.5でした。

回答は、すぐに届きました。

ーーーーーー
2ファクタ認証のアカウントの場合、通常、サインイン時に6桁のコードがデバイス(お持ちのiPhoneなど)に届き、そのコードをMac側に入れる必要がありますが、バージョンが古いとそれを入れる箇所が出てきません。
OS X El Capitan 以下をご利用の場合、6桁のコードをまずデバイス上から入手して、そのコードを、パスワードの「直後」に入れてサインインしてみてください。
ーーーーーー

ええええ、そうなの?
これは聞かなきゃわかんないよぉ〜(笑)


...ログインできたし!!


つまり、こういうこと。

今のOS(10.10.5)では、App Storeアプリのバージョンが古いため2ファクターの認証コードを記入する欄が出てこないので、認証エラーが出たら、ウィンドウを閉じないで、iPhoneなどで受け取った認証コードを「ウィンドウ内のパスワードを入力した直後に続けて入力する」のです。

でもさ〜、
App Storeを開くと、私のOSに合ったアップデート情報が出るんだからさ、
同じように案内出しておいてくれたら良いのにね?

「ログインに関する注意事項」
OS X El Capitan 以下を利用している方はこちらをお読みください。的な?

もう、解決したから良いですけどw

解決ついでに、
この際だからSierraにアップデートしようかな?と思ったりしたのだけど
OSのアップデートについては、使っている仕事のソフトやらの絡みもあって
忙しい時に不具合が出ても怖いので、むやみにアップデートしたくないんだよね。

Sierraって、どうなのかな?
Siriが使えるようになったらしいけど...。

App Storeにログインできるようになったしまだ慌てなくていいかな〜。