2011年6月21日火曜日

気仙沼プラザホテルで

今日、ホテルのお風呂で一人のおばあさんとお話をした。 
腰はもうしっかり「くの字」に曲がっている。

 服を脱ぐとき「えいっ!」とかけ声をかけて腰を伸ばし 
「いたたたた」と言ったので
 「大丈夫ですか?」と声をかけた。 

おばあさんは、仙台で被災されたそうで、 
しばらく長野の息子さんの所に避難されていたようですが、
 やはり「気を使ってしんどい」と 
気仙沼に一人旅に来られたそうです。 

「こんなことがあってもね、良い所は沢山あるんだよ。  
そんなにカンタンに捨てられやしないよ。」と。 

おばあさんは、仙台に戻る決心をしたようだった。 


「私、大阪から来たんです」といったら 
「あ、あそこは大都会だねぇ~」と笑ってくれた。

 おばあさんは明日帰るそうです。 

 「どうぞ、気をつけて帰ってくださいね」 
 「ありがとう」 

 たったこれだけの会話だったけれど 
話せて良かった。