2013年2月1日金曜日

「クリエイター営業実態調査アンケート」実施中(3/31まで)

協同組合日本イラストレーション協会では、現在、
イラストレーションを始め、クリエイティブ業界でお仕事をされるクリエイター(基本的に独立開業されている方)の皆様の営業実態、景気の動向等を調査するためのアンケートを実施しています。



このアンケートは、JILLA組合員以外でも、回答して頂けますので
個人経営・フリーランスのクリエイターの皆様にも、是非ご協力頂けましたら幸いです。
(個人を特定する内容を記載する必要はありません)


イラストレーションをはじめとするクリエイティブ業界の実態調査の意義

組合設立前の2006年2月〜4月に行われたJILLAアンケート(JILLAレポート)から7年が経過しており、スマートフォンや多機能端末が普及した現在、消費者のコミュニケーションスタイルの変化に伴い、商品及びコンテンツの流通にも変化が見られるようになりました。

商業と結びつきの深いイラストレーションやデザイン業界でも、デジタル技術等を背景とした多メディア化や利用者ニーズの多様化によって、媒体も複雑かつ多様化しており、その実態は必ずしも明らかでないことから、ここで改めて、イラストレーションをはじめとするクリエイティブ業界の実態を調査・把握することに大きな意味を感じています。

このアンケート結果は、経済産業省などの行政機関に提示される他、イラストレーションをはじめとするクリエイティブ事業者の地位向上・事業活性のための働きかけの基礎資料として活用されるほか、後日、データをわかりやすくまとめたレポートにして、JILLAサイト内で公開する予定です。

また、イラストレーションをはじめとするクリエイティブ業を生業としている個人事業者のみなさまが日頃抱えている悩みや問題の傾向などを把握する事で、業界全体の環境改善・トラブルの予防にも貢献できればと考えています。

協同組合日本イラストレーション協会
副理事長 (兼 企画広報事業部) 竹本明子