2011年4月4日月曜日

原発問題に思うこと。

原発問題に関して、ツイッターなどを見ている限り
もう、誰を信じればいいのかわからなくなるほど、いろんな考え方と出会う。

私たち一般人は、原子力の専門家ではない。
難しい構造について、よくわからない。
だけど、核の怖さだけは、漠然と知っている。

今起きている問題(風評被害も含め)は
その道の専門家じゃないと解決出来ない問題。

なのになぜ、
科学者、医学者、技術者が、地層学者が、頭の良い先生方が、頭の良い起業家が、
それぞれ違う事を話すのだろう?

わからない。

今こそ、専門家たちによる
正しい導きが必要な時なのではないだろうか?

原発推進派もいれば、
自然エネルギー推進派もいる。

わかってるよ。

私は、
これから「新しく原発を創る」という話なら、反対です。

だけど、もう
既に沢山創っちゃったんだよ、日本は。

その中のいくつかが、
地震で大変な状況になったんでしょ?
静岡の原発も、怖い場所にあるんでしょ?

捨てたくても、簡単に捨てられない荷物を抱えている。
そいつをどうするの?って話を聞きたいの。

新しいエネルギーに進むとしても
まずは、そこから解決すべきじゃないの?

廃炉って言ったって、簡単な事じゃないということくらい
文系の私でさえ、もうよくわかった。

反対派の人が「ほらみたことか」と避難したって
事態は解決しやしないよね?

もし、これを国難だと言うのなら

その道のスペシャリストがいるのならば

科学者が
技術者が
医学者が
地層学者が

個々バラバラではなく、力を合わせて
持てる頭脳と、持てる技術を差し出すべき時じゃないのかな?

プライドや、利権や、しがらみや、付き合いや
いろんなものを取っ払って、
持てる能力を差し出すべき時じゃないのかな?

「次に創るなら、自然エネルギー」
よくわかるよ。
賛成だよ。

だけど、その前に
今、福島で起きている問題を、どう解決するかを知りたいの。
もうすでに創っちゃったものを、最も安全な方法で処分する術を知りたいの。

だって。
そうじゃないと、次に進めないじゃん。


原発推進派も、反対派も、色眼鏡をかけずに
いろんな情報を見ようとしてきた。

だけど、今ある問題解決し(風評被害を含め)、そのうえで次に進む為の道筋について
明確なビジョンを示す専門家が案外少ないということに、ビックリしている。

私が探せていないというのであれば
誰か、教えてください。