2011年3月27日日曜日

今日の取材

今日の収録は、阪神淡路大震災で家が倒壊し瓦礫の中から這い出したという
ミュージシャン&パーソナリティのバンディさんにインタビューをした。

バンディさんとは、
2004年にバンディさんの番組にゲストとして呼んでいただいたのが出会い。
その後、時々ゲストに呼んでいただくうちに、
「ラジオ番組を持たないか?」と持ちかけてくださって、この番組が産まれました。

バンディさんはミュージシャンでもありますが
パーソナリティとしてのキャリアも長く、
今年の新春特番では、Charさんにインタビューもなさっています

今日は、
ミュージシャンのバンディでもなく、ラジオパーソナリティのバンディでもなく
阪神淡路大震災の被災者の一人として、お話を伺ってきました。

彼の経験は、私も以前から何度か伺っていたのですが
東日本を襲った地震ほど甚大な被害ではなかったとはいえ
家を無くし、仮設住宅で1年半を過ごしたバンディのリアルな言葉を
皆さんにも聞いていただきたいと思ったからです。

国難とも言える東日本大震災の被害状況が明らかになるにつれ
「何か役に立ちたい」「苦しみを分かち合いたい」と
思っている人が、沢山、沢山、いることと思います。

阪神淡路の被災経験者として
リスナーの皆さんにメッセージを送るとしたら?と投げかけたら
彼はこう言いました。


 始まりは偽善でもいい。
 売名行為でもいい。
 利己的でもいい。
 
 被災した人以外はリアルじゃなくて当然なのだから
 バーチャルからしか入りようがない。

 でも、なにかを経験する事で、そこにリアルが産まれる。
 気づきが産まれる。
 学びが産まれる。
 時には、自分の期待した反応が返って来ない時もあるだろう
 だけど、それは決して無駄ではない。

 僕は、どんなことも嬉しかったよ。
 ただただ、人の気持ちがありがたかった。

 世間には偽善を恥じる傾向があるけれども
 「何か役に立ちたい」と思う気持ちを、どうか恥じないで欲しい。

 人を救うのは、人なんだ。

 と。

オンエアは、4/3と、4/10の予定です。
放送終了後、トーク部分のみ、ネットで公開します。

番組宣伝は近日中にアップします。

2011年3月26日土曜日

【AKIKO TAKEMOTOのARTな関係】20回(3/27)ゲスト:ダルビッシュギャラリーオーナー ダルビッシュセファット ファルサさん

第20回(3/27)放送分のゲストは、
ダルビッシュギャラリーのオーナー ダルビッシュセファット ファルサさんです。

そう。前回も少し書きました通り
ファルサさんは、日本ハムファイターズのダルビッシュ有くんのお父さんですが
番組では、野球の話はさておき、
ダルビッシュギャラリーのオーナーとして、じっくりお話を伺っていま~す。



ペルシャ絨毯が、日本の織物と違うところは、
1つ1つがドットで取り込まれているという事。

細やかな図案が、1つ1つ手織りで創られてゆくので
長いものだと、完成までに1年~2年もかかるんだそうです!

そりゃ~高いはずですよねぇ。

絨毯は、シルクとウールがあります。
ギャラリーで触ってきましたが
シルクの手触りったらもう、一生寝ていられるんじゃないかと思うほど、心地よいです。

日本にも、細工の細やかな民芸品が多いはずですが
ライフスタイルの変化にともない、日常で愛用される事が少なくなってきています。

しかし、イランでは、今も
ペルシャ絨毯を家族で囲み、チャイグラスでチャイを飲むと言った風に
日常の生活の中で愛用されているそうです。

イランは、国の周りを9つの国に囲まれているため
戦争や紛争などから「守らなければならない」という意識が強いのに対し
日本は島国ですから、
守るというより、世界への「憧れ」のほうが強かったのかもしれませんね~。

ペルシャが発祥とされるペルシャガラスや陶器、
また、国花のバラに関する商品からペルシャ絨毯のほか
ノリタケとのコラボしたテーブルウェアど、ギャラリーオリジナルの作品もステキなので
是非是非、ギャラリーの方へ行かれてみてはいかがでしょうか?




番宣動画はこちらです。

--------------------------

ハイアットリージェンシー大阪B1にあるダルビッシュギャラリーの入り口横には、
息子さんダルビッシュ有くんのコーナーもあります



ダルビッシュ有くんが、義援金5,000万円を日本赤十字社に寄附

有くん。
どんどん格好良くなって行きますね。


番組サイト http://814.akikotakemoto.net/
FM81.4 http://fm814.co.jp/

2011年3月25日金曜日

皆さんに呼びかけて募っている画像を綴った動画、第3弾。[Love is here ~希望の光~] つんくさんの歌にのせて。

ツイッターで「つんくさんが、曲を作った」という記事を発見。

「生きるということとはどういう意味か」と、愛する子供達の
顔を思い浮かべながら創ったという、この曲。


(抜粋)
Love is here
過去には戻れない
Love is here
今を行くしかない

誰を憎んでも
幸せは来ない
勇気一つあれば
きっと生まれ変わるさ

いい曲だなぁ、と思った。

そして、サイトに書かれた、この言葉に感動。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
また、この曲を使って自分なりに映像を作ったり、
アレンジを変えたり、歌ったり、当面は自由に楽しんでください。

愛はここにある~Love is here~
「小さな愛を、大きな力に」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

つんくさんのデビュー当時のバラードは結構好きで、CDをよく聞いていた。
モー娘。のプロデュースなどで、ご本人があまり歌わなくなって
しばらく忘れていたんだけども;;
今回の事で、またちょっと好きになった。

という訳で、
早速、つんくさんの曲をお借りする事にしました。
つんくさん、ありがとうございます。

JMAAで呼びかけている「祈り・希望・支援の画像メッセージ」を綴った、動画の第3弾。
今回は、海外からの投稿も多いです。





Love is here ~希望の光~

作詞:つんく 作曲:つんく

人を信じて
己を知って
優しくあれば 良いね

負けちゃいけない
まだ諦めちゃいけない
泣きたい時は泣こう

早くとも遅くとも
君は君であればいい
生きてくのに遠慮は
必要ない そうだろう

Love is here
愛に包まれたい
Love is here
抱きしめてあげたい
Love is here
過去には戻れない
Love is here
今を行くしかない

誰を憎んでも
幸せは来ない
勇気一つあれば
きっと生まれ変わるさ


明日に夢見て
自分を褒めて
分かち合えれば 良いね

ミスもするだろう
時に誰かを傷つけ
後で反省したり

生まれたての子だって
腹が減れば泣くだろう
自然な笑顔ならば
罪はない そうだろう

Love is here
君の未来だから
Love is here
自由に生きればいい
Love is here
悔しさの分だけ
Love is here
強くなるしかない

さあ歩き出そう
誰かに出会うさ
毎日の出来ごとは
すべて初めてだから

ーーーーーーーーーーーーーーー

JMAAでは、引き続き
一人でも多くの方のご無事と、被災地の復興を祈る
「支援」「祈り・希望」をテーマにした絵のメッセージを、ツイッター、フェイスブックなどで呼びかけて集めています。

皆様から寄せられた【希望・祈り】の画像は、順にyoutubeにアップ●こちら

これらの「画像メッセージ」は、2011年度のJMAAチャリティアート展(6月~1年間)の会場で、巡回展示&募金箱の設置をいたします。
また、JMAAクリエイターズチャリティ Tシャツアート展で集められたすべての寄付金は、日本財団 東北地方太平洋沖地震支援基金を通じて寄付します。
日本財団災害支援センターブログはこちら


*アートで社会を支援する!JMAAのチャリティイベントは、突発的なチャリティ展ではなく、6年間継続して実施している実績のあるイベントです。



2011年3月17日木曜日

皆さんから送られた画像

皆さんから送られた祈りの画像を動画にしました。
TARAさんの優しい歌声にのせて。







私も含め、皆さん、
じっとしていられない気持ちもあるかと思いますが
JMAAとしては、
今は、少しでも多くの方の生存が確認出来ることを祈り
一日も早く、被害にあわれた皆さんがゆっくり眠れる生活を取り戻せるよう
祈りたいと思います


JMAAでは、
引き続きみなさんからの画像を募集しています。

2011年3月16日水曜日

【AKIKO TAKEMOTOのARTな関係】第19回(3/20)放送分@ゲスト:ダルビッシュセファット ファルサさん

FM81.4【AKIKO TAKEMOTOのARTな関係】

第19回(3/20)放送分のゲストは、
ダルビッシュギャラリーのオーナー ダルビッシュセファット ファルサさんです。



ダルビッシュさんと言えば、
日本で知らない人はいないだろう有名投手のお父様ですが
今回は、野球の話はさておき、
ダルビッシュギャラリーのオーナーとして、じっくりお話を伺ってきました。

とはいえ。

先日のブログにも書きました通り
ダルビッシュさんとは、長男同士が保育園時代からの同級生ということで
子供たちを介して、保護者同士というおつきあいをさせて頂いてきたせいか
収録の合間には、つい、お互いの子供の話で盛り上がり
ちょいちょい「親の顔」が飛び出してしまう、竹本でした^^

ビジネスモードの竹本の姿よりも
プライベート(母親)の竹本の方をよく知られてしまっている方を取材するのって
思ってた以上に...照れくさいものですね...(笑)

肝心のトークですが

ダルビッシュさんの、故郷(イラン=ペルシャ)への愛と
日本への愛が感じられる、とってもステキなお話になっています!

イラン(ペルシャ)と日本は、アジアの西と東の端。
あれだけの距離があるのに、天平時代にすでに
ペルシャ人が日本に来日していたというのだから、驚き!ですよね?

正倉院に残る数多くのペルシャ製の宝物にも見られるように
イラン(ペルシャ)は、シルクロードの終着点であった「奈良」ともゆかりが深いのです。

ペルシャの工芸品を見て「どこか懐かしい」と感じるのは
先祖のDNAが受け継がれているからかもしれません。


どことなく懐かしさを感じさせる手作り工芸品の1つ1つは
オーナーが自分の目で見て確かめ、日本人の好みに合うものを厳選している他、
日本人の暮らしに合うカラーなどを、ギャラリー独自でオーダーしているそうで
工芸品の歴史背景やルーツなどを熱っぽく説明してくださる言葉の端々に、
故郷と日本への「愛」が溢れています。




ペルシャが発祥とされるペルシャガラスや陶器、
また、国花のバラに関する商品からペルシャ絨毯のほか
ノリタケとのコラボしたテーブルウェアど、ギャラリーオリジナルの作品もステキです。



ペルシャのローズエッセンスを使ったオリジナルオード・トワレ「Junam」
特に人気のある商品。
ユニセックス仕様なので、男性でも、女性でも使えます♪

私も、美容師でしたから
「朝摘みのバラのエッセンス」をつかったヘアミストなどを好んで愛用してきましたが、
ローズエッセンスって、すっごく貴重なんですよね~。




日本の文化をイランに紹介し
イラン(ペルシャ)の文化を日本に紹介するダルビッシュギャラリーは、
まさに、現代のシルクロードなのかもしれません。

番宣動画はこちらです。



--------------------------

ギャラリーの入り口横には
息子さんのダルビッシュ有くんのコーナーもあります



ダルビッシュ有くんが、義援金5,000万円を日本赤十字社に寄附

有くん。
どんどん大人になって、どんどん格好良くなって行きますね。

うちの息子に爪の垢を... orz


番組サイト http://814.akikotakemoto.net/
FM81.4 http://fm814.co.jp/

2011年3月14日月曜日

空いた時間@自分にできることを。

ツイッターで見かけて
阪神淡路で被災された今村岳司さんのブログを読みました。

その通りだと思った。

ーーーーーーーーーーー
自衛隊は、食糧から水から燃料から寝具から、全て自前で用意して出動します。
しかし、手ぶらのボランティアは、
被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、
被災者が寝るべきところで寝るのです。
ーーーーーーーーーーー

被災していない人の「何かしたい気持ち」は、嘘ではないと思う。

しかし
「自己のスキルをよく把握して」動かなければ
かえって迷惑になるということは、配慮しなくてはならないだろう。

働ける人は、働く。

寄附出来る人は、寄附する。

売るものがある人は、チャリティする。

節電する。

買いだめを控える。

自分が暮らすその街から、祈る。

自分に出来る事をする。



それでいいんじゃないかな。



________

関東方面に本社のあるクライアントさんの案件いくつか。
飛んだ訳ではないですが「落ち着くまで待機」となりました。

納品直前の案件もあったのですが...でも、そりゃそうです。

プロダクトは、会社だけの問題じゃなく
人、工場、電気、ガス、物流、いろんなものが関わって商品が産まれる。

生きるために必要なものが最優先。
落ち着いたら、また動き出すだろう。

というわけで。

仕事の半分が止まりました。
空いた時間、自分にできることをやりましょう。

そうそう、メキシコからも祈りの画像が届きました。
世界のみんなが、日本を気にかけてくれている。
ありがとう。

2011年3月13日日曜日

改訂:イラストレーターの皆さんへ:応援メッセージ募集

JUGEMテーマ:エンターテイメント

被害状況が明らかになるにつれ胸が痛くなりますが
ひとりでも多くの方が救助される事を祈るばかりです。

気の聞いた言葉が言えない自分が歯がゆくもありますが
だからこそ、絵描きは、絵描きに出来る事をしたいと思います。

「祈りの画像メッセージ」募集

寄せられた画像は、
毎年夏に開催している「JMAA クリエイターズチャリティ展」で展示します。

また、チャリティの販売収益は、日本財団CANPANを通じ、「本当に必要としている方々に迅速に届けることができる災害緊急基金」として、皆さんの想いと共に、被災地の皆さんに届けたいと思います。

プロでも、アマチュアでも、学生でも、子供さんでもかまいません。
メッセージ画像、お待ちしています。

投稿はこちらから→アップロード

これまでに投稿されたメッセージ


フェイスブックがいまいちよくわからないので
JMAAのサーバーにアップして頂くのが一番良いように思います。

  本サイトからの投稿はこちら
以下から、画像を投稿してください。

→アップロード


2011年3月11日金曜日

アーティストに出来ることを

アーティストにも出来ることがあるはず。

ミュージシャンは、音楽を。
絵描きは、絵を。
コメディアンは、笑いを。

阪神大震災の時にも、絵を描いた。
それぞれ出来る事でエールを送ろう。

JMAAは、恒例の夏のチャリティ展の寄付金を、すべて
東北地方太平洋沖地震の被災地支援
に寄附しようと思います。

それとは別に
チャリティライブペイント
チャリティオークション
など
アートを通じて社会を支援する!JMAAらしく
出来る事を1つずつ、実施していきたいと思います。

ツイッターで聞こえてきたメッセージが、心に引っかかってます。

こどもたちに絵を描く道具と場所を。

悲しくてつらい絵になってしまうかもしれないけれど、吐き出すことができる。
を、なんとか実現させたいと思っている。

描く事は、心にもいいんです。
子供、大人も、お年寄りも、きっと笑顔になれると思う。

ただし、被災地の子供たちに絵を描く機会(ワークショップ)の提供が出来るのは
現場が落ちついて、仮設住宅などが提供されてからになるんだろうけど。。


JMAAでは、ツイッター、フェイスブックなどで呼びかけ、被災地のみなさんに届ける「祈りの画像メッセージ」を国内外に広く募集します。

以下、ワークショップでなくても絵は描けるので
それぞれが、それぞれの居場所で描いた「画像メッセージ」を集めたいと思います。
プロでなくてもかまいません。
みんなの想いを、送ってください。

日本語:  http://jmaa.info/?p=840
English:   http://jmaa.info/?p=907



寄せられた画像は、今年夏のJMAAチャリティ展の会場で展示します。

また、毎夏開催している「JMAA クリエイターズチャリティ Tシャツアート展」の2011年度の販売収益は、日本財団CANPANを通じ、「必要な時に本当に必要としている方々に迅速に届けることができる災害緊急基金」として、皆さんの想いと共に、被災地の皆さんに届けます。

プロも、プロでなくても、どなたでも歓迎です。
皆さんの「祈りの画像メッセージ」、お待ちしています。
______________________________
フェイスブックからの投稿
>>こちらのJMAAページに、自由に画像をアップロードしてください。
______________________________
ツイッターでの投稿
あなたのツイッターアカウントから、投稿時に、ハッシュタグ #jmaa_inori をつけて、画像を投稿してください。
______________________________
本サイトからの投稿
以下から、画像を投稿してください。
→アップロード



2011年3月10日木曜日

【AKIKO TAKEMOTOのARTな関係】第18回(3/13)放送分@ゲスト:りそな総合研究所 藤原明さん


FM81.4【AKIKO TAKEMOTOのARTな関係】

第18回(3/13)放送分のゲストは、
二度目のご登場になります、りそな総合研究所 藤原明さんです。

「ピンチは、チャンスなんですよ」と、藤原さん。

今の世の中に必要な事は
自分(又は自社)の強みを分析し、それをパワーに変えて行く事なのかもしれません。

足の引っ張り合いじゃなく
足りない所は力を合わせ、日本を元気に出来たら、最高ですよね。


 番宣動画はこちらです。

2011年3月5日土曜日

いちご大福つくりました


大好きないちごが沢山食べれる季節になりました♪

昨日は練乳で。
今日はいちご大福にして、食べようと思います。



作り方は簡単。
おいしいので、みなさんも是非♪

ーーーーーーーーーー
材料:
いちご : 12~14個
白あん : 400~500g (普通のこしあんでもOK)

白玉粉 : 200g
 水  : 270ml
砂 糖 : 20g
ーーーーーーーーーー


1)洗ってヘタを取り、水気を拭いたいちごを、
  白あん(お好みでこしあんでも)で包む。

2)白玉粉、水、砂糖、を耐熱ボウルにいれ、だまがなくなるまでよく混ぜる。

3)2)が、よく混ざったら、耐熱ボウルにラップをし、
  電子レンジで2分加熱する。(真ん中が火が通っていない状態)

4)真ん中が火が通っていない状態の3)を、木べらでよく捏ねる。

5)木べらでよく捏ねたら、もう一度ラップをして電子レンジで1分加熱。

6)粉っぽさがなくなるまで、捏ねて→レンジ1分を繰りかえす。
  (2回くらいで、だいたいいい感じ)

7)ラップを引いたまな板の上に、片栗粉をまぶして(6)を取り出して乗せる。

8)白玉粉で創ったおもちを手で延ばして、1)のいちごの入ったあんを包む。
  (手にくっつく時は片栗粉を付けながら作業)

9)まるめ終わったら、つなぎ目をしたにして置いて出来上がり~。

いちごの無いシーズンは、キーウィや巨峰でも美味しいです。

2011年3月1日火曜日

取材に行ってきたよ「ダルビッシュギャラリー」


今日は、ハイアットリージェンシー大阪にある
ダルビッシュギャラリーに取材に行ってきました。


ダルビッシュさんと言えば、
日本で知らない人はいないだろう某有名投手のお父様ですが
今日は野球の話はさておき、ギャラリーのオーナーとして
じっくりお話を伺ってきました。



ダルビッシュさんは、日本に来て30年。
「イラン(ペルシャ)と日本の架橋になりたい」と言います。

イラン(ペルシャ)と日本は、アジアの西と東の端に位置しているのですが
人の暮しや文化は凄く近いものがある。
それもそのはず、
正倉院に残る数多くのペルシャ製の宝物にも見られるように
イラン(ペルシャ)は、シルクロードの終着点であった奈良ともゆかりが深いのです。

「どこか懐かしい」と感じるのは
互いの先祖のDNAが受け継がれているからかもしれません。




日本の文化をイランに紹介し
イラン(ペルシャ)の文化を日本に紹介するダルビッシュギャラリーは、
現代のシルクロードなのかもしれませんね。




取材が終わってからは
店内を物色して、寝酒用のグラスと
イランの遊牧民たちが代々織り継いできたといわれる
キリムで創られた珍しいポーチを購入。



帰り際に、リクエスト曲はありますか?と聞きました。
「ネガティブな曲だけど...私の気持ち...w」と
ダルビッシュさんがリクエストした曲名を、自宅に戻って検索。

「日本を愛している」ということが伝わる1曲でした。
ダルビッシュさんは、イラン人ですが、「日本人」でもあるのですね。
(どんな曲をリクエストしたのかは、本番のお楽しみ)

あ、ダルビッシュさんの名刺に
私が数年前にデザインさせて頂いたロゴが使われていたのも、嬉しかったです。
ロゴは、後日、番宣動画でご紹介しま~す!


ーーーーーーーーーーー

余談

ダルビッシュさんとは、久しぶりにお会いしたのですが
息子同士が保育園時代からの同級生ということもあり
開口一番、お互いの子供の話で盛り上がりました(笑)

取材も終え、撮影も終えた後の雑談は
やっぱり、また、お互いの子供の話で盛り上がったのでした。

あちらの息子さんの近況は報告頂かなくてもだいたい知っていますが
うちの息子の近況は、報告しない限りわからないですからね~w

私は20歳で子供を持ったので、保護者としては最年少でしたから
保育士さんからも保護者からも子供扱いされるケースが多かったのですが
ダルビッシュさんご夫妻は、当時まだ若くて頼りない私を
「同じ年齢の子供を育てる親」として対等に扱ってくださり
事あるごとに子供たちのことを気にかけてくだるなど、心強くて暖かい存在でした。
そして、
ご夫婦のその優しさと大きさは、今も変わっていないな~と
改めて感じたのでした。

そうそう。
ギャラリーには、息子さんの記念品も展示されています。