2011年3月14日月曜日

空いた時間@自分にできることを。

ツイッターで見かけて
阪神淡路で被災された今村岳司さんのブログを読みました。

その通りだと思った。

ーーーーーーーーーーー
自衛隊は、食糧から水から燃料から寝具から、全て自前で用意して出動します。
しかし、手ぶらのボランティアは、
被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、
被災者が寝るべきところで寝るのです。
ーーーーーーーーーーー

被災していない人の「何かしたい気持ち」は、嘘ではないと思う。

しかし
「自己のスキルをよく把握して」動かなければ
かえって迷惑になるということは、配慮しなくてはならないだろう。

働ける人は、働く。

寄附出来る人は、寄附する。

売るものがある人は、チャリティする。

節電する。

買いだめを控える。

自分が暮らすその街から、祈る。

自分に出来る事をする。



それでいいんじゃないかな。



________

関東方面に本社のあるクライアントさんの案件いくつか。
飛んだ訳ではないですが「落ち着くまで待機」となりました。

納品直前の案件もあったのですが...でも、そりゃそうです。

プロダクトは、会社だけの問題じゃなく
人、工場、電気、ガス、物流、いろんなものが関わって商品が産まれる。

生きるために必要なものが最優先。
落ち着いたら、また動き出すだろう。

というわけで。

仕事の半分が止まりました。
空いた時間、自分にできることをやりましょう。

そうそう、メキシコからも祈りの画像が届きました。
世界のみんなが、日本を気にかけてくれている。
ありがとう。